憲法判例【ロッキード事件丸紅ルート】最高裁平成7年2月22日判決

みなさん、こんにちは!

今日は、ロッキード事件丸紅ルートを解説していきます。

最高裁前文はこちらになります。

 スポンサードリンク

 

争点

「二 内閣総理大臣が運輸大臣に対し民間航空会社に特定機種の航空機の選定購入を勧奨するよう働き掛けることと賄賂罪における職務行為」

⇒総理大臣の職務行為はどこまで認められるのか。

判決

内閣総理大臣について

「行政権を行使する内閣の首長として(六六条)、国務大臣の任免権(六八条)、内閣を代表して行政各部を指揮監督する職務権限(七二条)を有」している。

⇒「内閣を統率し、行政各部を統轄調整する地位にあるもの」といえます。

内閣法について

「閣議は内閣総理大臣が主宰するものと定め(四条)、内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基づいて行政各部を指揮監督し(六条)、行政各部の処分又は命令を中止させることができるものとしている(八条)」

まとめ

「内閣総理大臣が行政各部に対し指揮監督権を行使するためには、閣議にかけて決定した方針が存在することを要する」

閣議にかけて決定した方針が存在しない場合について

「内閣総理大臣の右のような地位及び権限に照らすと、流動的で多様な行政需要に遅滞なく対応するため、内閣総理大臣は、少なくとも、内閣の明示の意思に反しない限り、行政各部に対し、随時、その所掌事務にっいて一定の方向で処理するよう指導、助言等の指示を与える権限を有するものと解するのが相当」としています。

⇒「したがって、内閣総理大臣の運輸大臣に対する前記働き掛けは、一般的には、内閣総理大臣の指示として、その職務権限に属することは否定できない」としました。

 

スポンサードリンク 

 

司法試験でも出題されています。

www.eityan-houritu.site