〔憲法判例〕最高裁平成22年1月20日判決―砂川政教分離訴訟―政教分離原則

みなさん、こんにちは!

今日は、砂川政教分離訴訟を解説していきます。

判決全文はこちらになります。

スポンサードリンク

 

事件

砂川市所有の土地上の建物の外壁には神社と表示されていて、この土地の所有者は連合町内会であり市は土地を無償提供していました。

この無償での土地提供行為は政教分離原則に違反するものであり、土地の契約の解除と神社の除去や土地の明け渡しをしないことが違法なものであるとして、その違法確認を求めたものとなります。

争点

土地の無償提供行為が政教分離原則に違反しないか。

判決

憲法89条について

公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

憲法89条の趣旨というのは「国家が宗教的に中立であることを要求するいわゆる政教分離の原則を,公の財産の利用提供等の財政的な側面において徹底させるところにあ」ります。

そうすることで「憲法20条1項後段の規定する宗教団体に対する特権の付与の禁止を財政的側面からも確保し,信教の自由の保障を一層確実なものにしようとしたもの」となっています。

「しかし,国家と宗教とのかかわり合いには種々の形態があり,およそ国又は地方公共団体が宗教との一切の関係を持つことが許されないというものでは」ありません。

「憲法89条も,公の財産の利用提供等における宗教とのかかわり合いが,我が国の社会的,文化的諸条件に照らし,信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えるものと認められる場合に,これを許さないとするものと解される」としています。

⇒中立であることが要求されますが、一切の関係を持つことが許されないというわけではなく、相当とされる限度を超えなければ許されるということです。

 

スポンサードリンク

 

土地提供について

国家が無償で宗教的施設に提供しても、「当該施設の性格や来歴,無償提供に至る経緯,利用の態様等には様々なものがあり得ることが容易に想定され」ます。

その例

「一般的には宗教的施設としての性格を有する施設であっても,同時に歴史的,文化財的な建造物として保護の対象となるもの」があります。 また、「観光資源,国際親善,地域の親睦の場などといった他の意義を有していたりすることも少なくなく」ありません。

判断する際について

「当該宗教的施設の性格,当該土地が無償で当該施設の敷地としての用に供されるに至 った経緯,当該無償提供の態様,これらに対する一般人の評価等,諸般の事情を考慮し,社会通念に照らして総合的に判断すべきものと解するのが相当」としています。

そうして「社会通念に照らして総合的に判断すると,本件利用提供行為は,市と本件神社ないし神道とのかかわり合いが,我が国の社会的,文化的諸条件に照らし,信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えるもの」である。

そのため「憲法89条の禁止する公の財産の利用提供に当たり,ひいては憲法20条1項後段の禁止する宗教団体に対する特権の付与にも該当すると解するのが相当」としました。

こうして本件の土地無償提供行為は違憲と判断されています。  

 

土地の提供に関してはこちらの判例もご覧ください。

www.eityan-houritu.site

www.eityan-houritu.site

 

政教分離に関してはこちらもご覧ください。

www.eityan-houritu.site

www.eityan-houritu.site

スポンサードリンク